障害者も高齢者も一緒に楽しくパソコンを!

活動報告:2015年度

事業報告:2015年度緑区地域デビューイベント参加事業
緑区絆づくり交流会 ~地域デビュー! はじめの一歩~
2016年2月23日報告

はじめに

背景
私たちパソボラそうそう相模原は、毎年城山地区福祉のつどいに出展し、名刺作成無料体験会を開催して、パソコンの楽しさや便利さを市民の方々に伝えている。この情報を体験者から聞いたイベント実行委員長古川康彦氏は、名刺を持たなくなった退職者がこれまでとは異なるくだけたカラフルな名刺を作り、配るのも地域デビューの一歩に相応しいのではと閃いた。イベント参加依頼の電話を受け、当会としても団体活動の広報及び会員増加につながる良い機会と判断して快諾した。

目的
私たちの事業計画3には次のような項目を掲げている。
受講者およびサポーターの増加に向けて、団体活動の広報に力を入れ、市民の認知度を高める。
このイベントに参加することにより、団体紹介や名刺作成を通じて、障害者や高齢者へのIT支援に理解と協力を得たい。IT利活用は楽しく、しかも便利で豊かな生活を送ることができる地域活動であることを市民へ伝えたい。同時に、仲間となって、絆を育むコミュニケーションの場を創出できるとも思っている。

実施概要

◇イベント名称 緑区絆づくり交流会 ~地域デビュー! はじめの一歩~
◇主催     緑区地域デビュープロジェクト実行委員会
◇ブース    団体8、個人体験談2名のブース 計9ブース
◆日時     2016年2月19日(金)13:00~16:00
◆場所     杜のホールはしもと 多目的室
◆テーマ    障害者・高齢者IT支援事業の普及啓発 パソコン教室の紹介
◆内容    (1)名刺作成無料体験 (2)団体の広報
◆参加者    会員4名(IM、KT、ZM、FS)

結果と成果

◆名刺作成体験 17名(男性10名、女性7名 各自20枚、2シート印刷)
◆チラシ配布  47枚
◆団体紹介   約10分
◇参加総数   110名(2/22主催者発表)
推測値:来場者65名、ブーススタッフ25名、実行委員:市民7名+区職員3名、区職員7名、賄い3名

会場は正面にステージ、両サイドとホワイエに9つのブース、ステージ反対側の入口横には飲み物・お菓子コーナーと、中央に6人掛けの島が6つ設営された。開始間もなく、来場者でいっぱいになり、椅子を補充するほどの盛況ぶりだった。
パソボラそうそう相模原の4名は、11:20現場集合し準備を開始した。名刺作成サポートに2名、受付と広報担当が2名の構成を組んだ。機材は、市社協と会員私物のパソコンとプリンタそれぞれ2台ずつを利用した。予備インクを忘れて城山保健福祉センターロッカーへ取りに行ったり、PCやプリンタの動作不良のトラブルがあったりして、スムーズに事が進行したとはいいがたく反省している。
名刺作成の受付者17名全員は時間内に終了できた。一人当たりの所要時間は平均21分で、出来上がった名刺に感動と感謝の声が聞かれ、笑顔が印象的たった。やはり男性の方が10名と多く、すでに団体・サークル活動をしている方々は積極的であった。順番待ちの時間を有効活用するため、受付表にカタカナの氏名とひな形NO、枚数(10枚か20枚)を記入してもらってから、受付票を渡して、時間までブースを回ったり、着席してお茶を飲みながら交流してもらうようにした。もちろん、当会の紹介・勧誘にも時間を割いた。
チラシ配布と団体紹介スピーチでもPRに努めた。じかに話をするのは気持ちが通じて楽しい。当会に興味を持った方が数名おられ、今後、会員増加に期待が持てる。 津久井地域で知らなかった団体のメンバーとも交流が図れて、あわただしい中にも収穫はあったと思えるイベントだった。

このような機会を提供していただいた実行委員会と区政策課の皆様に感謝いたします。

会場風景の写真

パソボラそうそう相模原 代表 古川繁子

実行委員会作成のチラシはこちら

緑区絆づくり交流会チラシ表の画像

緑区絆づくり交流会チラシ表

 

 

事業報告:平成27年度第7回城山地区福祉のつどい参加事業

パソボラそうそう相模原は城山にて開催している「パソコンひろば」のPRおよび福祉IT支援機器体験の場として「福祉のつどい」に参加し、名刺作成、認知症予防啓発やプレゼント配布を行いました。 詳細は報告書をご覧ください。

日時:2015年11月3日(火祝)10:00-15:00
場所:城山保健福祉センター 1F 健診室
参加者:10名

 

事業報告:第1回会員向け研修会

パソボラそうそう相模原の会員向け研修会を開催しました。
サポーターの皆さんほか受講者の方々、お疲れ様でした。
会場設営及び撤収等には全員が参加、ご協力ありがとうございました。

日時:2015年7月24日(金)13:30-15:30
場所:城山保健福祉センター 3F 第一会議室
出席者計:19名
受講者:13名(精神障害0名、視覚障害1名、肢体障害2名、高齢10名; ひろば8名 南5名)
サポーター:5名
見学者:ガイドヘルパー

★研修
目的:会員の皆様にパソコンをより深く楽しんでいただけるように研修会を企画しました。

内容:一般的な方法を使い、デジカメから撮影した写真をパソコンのピクチャー に新しいフォルダを作って取り込みます。Windows Photo Galleryをマイクロソフ トのサイトからダウンロードしてパソコンにインストールし、画像を開いてから傾き補正、色の 調整、トリミングなどについて学びます。

結果:身近なテーマであるデジカメ写真の活用を楽しんでいただけたと思います。 2時間という短時間で成果を上げるために、準備を徹底しました。通常の教室時に、使用ソフトWindows Live フォトギャラリー(photo-gallery)のインストー ル、画像の取り込み&画像編集と、みっちりと予習を積み重ねて、本番に臨んでいただきました。 事前の予習で期待感が持てたのが、参加者増加につながった一因とも思います。
参加者の感想等は、アンケートが事後になりますが、まとまりましたら報告いたします。

★KWさん、Kさん、ガイドヘルパーさんは別メニュー
音声ソフトの学習をいつもの教室のように行いました。KWさんのパソコンは家族が上記研修に使用するので、サポーターKさんがMy PCを持ってきてくれました。
会議室全体がわさわさしてうるさく、音声が聞き取りにくい面もあったかと思います。でも、教室参加を楽しみにされている方なので良かったのではないでしょうか。

Copyright © pasovolusousousagamihara All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.